スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つれづれ


 徹子の部屋で加山雄三が歌の合い間に東北弁でトークをしてましたが、

 二十数年前のあることを思い出し、思わず笑ってしまった。

 
 その頃、勤めていた会社の部長が福島出身でした。

 冗談好きの部長に、ある時いい加減な方言で相槌を打ったところ、

 すっかりお国の人だと勘違いされて、延々と東北弁で会話を続ける

 羽目になり、”どこ?” と聞かれて返事に窮したことが。^^;

 後で私が東京出身と分り、大笑いになりました。

 気さくで部下とよく話をする部長でした。


 徹子さんと話しているダンデイな加山雄三の風貌が東北弁と違和感なくマッチして、

 何んともいえぬ味わいがあり、しかも可笑しい。^^

 加山雄三の飾らない人柄を感じさせました。

 上手な方言だそうですが、東北人のおくに言葉と違って、歯切れよく

 聞き取りやすかったですね。


 外は曇って寒いけど雪にはならず、マョちゃんにサンタ服を着せるチャンスは

 中々来ない。待ちきれないるるさんは、

スポンサーサイト

続きを読む

テーマ : 楽しく生きる
ジャンル : ライフ

カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

思い出の鼻ぺちゃ3兄弟

最近の記事

さくらとアマタン♪

サクラとあまたん♪

卓球

ふぶたん ボニーちゃん

お気に入りムービー

プロフィール

るる

Author:るる
東京に程近い地方都市で
愛すべき鼻ペちゃ三匹と暮らす

美ら海水族館

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

宇宙回遊魚アマラカンス

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。